本文へ

 

新オンライン申請に強い味方!スケジューラーなど便利機能も。

C土地家屋調査士事務所さま

調査士業でWingNeo Ver.5を使用。 VerUpは何度か勧められたものの、うちの作業内容ではこれで充分と満足し、いつも案内してくれる販売店には悪いけど断っていました。

オンライン申請についても、当初は興味あったものの書面申請で不便無いので、様子見していました。
このオンライン申請が2011年2月よりシステムが変わるとのことで、「いつかは・・・」と思っていたこともあり、法務省の説明会にも参加しました。
現行システムで問題であった(?)システムの不自由さがかなり改善され使い勝手がよくなるようで、これなら便利そうだと感じました。これを機に始める仲間も多いようで、乗り遅れるわけには行かず、早速準備をしました。
何より始めてみようと思ったのは、法務省の新しいシステム(申請用総合ソフト)が無償で使える割に簡単で便利ということ。  この体験版を入れてみて、これならできそうだと、2月14日を心待ちにしていたところでした。

ただこの体験版、わかりやすいけど、入力はほとんど手入力しなければならない。図面を作る時にWingNeoで入力した内容や面積計算結果も、項目毎にコピー&貼り付けができる程度。
それに、申請が一覧で見られるのは良いけど、実務イメージして色々と申請を入れてみて気づいたのですが、業務を継続して使って行くとなると膨大な量の申請がズラッと並んで管理が大変。
保存先は指定できるけど、実際に運用始めたら途中での変更は、実質してはいけない様子。

その欠点(?)を知ってか、WingNeo INFINITYなら、土地や建物で図面を作成した際のデータが連携するので、早くて便利なうえに手間や入力ミスによる間違いも無し。
さらに、当然ながらその現場データ内で事件~申請として管理できるところは、やはり良いと思いました。

もう一つ便利そうだと思ったのは、標準機能でスケジューラが使えるということ
仕事の予定や事務所の備品、顧客・回収管理までできる上に、オンライン申請したら納付期間が連動してチェックできたり、法務省からのお知らせ通知まであるとのことで、オマケ(?)にしては充実していると感じました。

さらにPDAがあればその情報を外に持ち出せるということで、それもたいへん便利ですね。
ただ一つ惜しいのは、買いたいと思っているAndroidスマートフォンでは使えないということ、・・・このソフトは元々標準とのことなので、ここは今後の対応に期待したいです。

※ 先行予約にてご注文いただいたユーザー様の声をヒアリングし、会社・事務所名など一部表記について修正ならびに編集の上、公開しています。

このページの上部に戻る