本文へ

 

GoogleTMCloudサービス・マッピングサービス活用事例のご紹介

測ることで社会に貢献

三協調査設計株式会社

〒460-0015 名古屋市中区大井町4-17
TEL:052-331-5371 FAX:052-331-8619
http://www.sankyocon.co.jp/
【取材協力】取締役測量部長 尾崎 明仁様

時代を担う確かな人材 キャリアが光るプロ集団

環境問題の重要性を認識し環境保全に取り組み、地域社会の発展に寄与する測量、補償コンサルタント・建設コンサルタントとして活動されています。3Dレーザースキャナーを用いて、構造物の出来形計測、トンネルの内空断面変位計測、遺跡、災害、事故現場での記録計測などを効率的かつ効果的に行い、維持管理分野のための3次元デジタルデータ取得および活用を積極的に推進している企業です。

サービス利用前の運用と課題

サービスの継続的な利用と一元管理

従来は他のクラウドストレージサービスを利用していました。利用可能な容量がサービスによって異なるために複数を組み合わせて利用したりしていましたが、それぞれのサービスで利用可能容量が不定期に変更される等、継続的なサービス利用に不安がありました。また、データの管理・運用は、作業スタッフが個々に行っていました。同様に、Webサイト上でMAPにデータを表示するサービスも他のサービスを利用していましたが、MAPを表示させるには専用データへの変換作業を必要としたため、利用するスタッフが限られるものになっていました。

サービス導入のポイント

十分なサービス容量と作業負担の軽減

導入により、WingneoINFINITYの専用データを保存するためのサービス容量が十分確保できるようになりました。また、測量データのクラウド保存やMAP表示用データがINFINITYから直接作成出来るので、管理・運用面での負担が減り、積極的なサービス活用を推奨することができると感じました。
また、現在作業中の専用データのバックアップとして、クラウドストレージは信頼できると感じました。

導入後の効果

スムーズな導入と運用

新サービスの導入にあたり一番の問題は、今までよりも操作が複雑になったり作業負担が増えたりすることがあるとスタッフが利用をしたがらなくなることです。社内全員にGoogleTMCloud&マッピングサービスの利用方法を説明したところ、スタッフの習得もスムーズで利用開始まで時間もかからず、積極的にクラウドを活用できるようになったと感じました。

INIFINITYと連携でスムーズな図面と地図の整合確認

これまで、納品検査前に杭などのポイントやCAD図面の位置情報と地図との整合確認をしたり、現地でのポイント検索をしたりするためにWeb MAPで確認したり、地図との重ね図を作成していました。マップサービスを利用することにより、INFINITYから一連の作業で効率よく作成・確認できるようになりました。
また、重ね図を立会い時の資料として利用していましたが、GoogleTMearthへの連携表示は、現地での立会い時の説明に有効で、お客様への印象もより良いものへと変化したように感じます。


  • 立会い時の資料として※1※2

  • 基準点や杭の位置を地図で確認※1

  • CAD図面が持つ位置情報(座標)が地図と
    整合性が取れているのか確認※1

※1 GoogleTM earth Pro image© 2015 DigitalGlobe © 2015 ZENRIN
※2 Data SIO, NOAA ,U.S.Navy, NGA, GEBCO

製品・サービスに関するお問い合わせは下記まで

製品の操作に関するお問い合わせは受け付けておりません。

※GoogleはGoogle Inc. の登録商標です。

このページの上部に戻る