本文へ

 

Home » WingNeo INFINITY 3D-MAPオプションで大量データ管理

WingNeo INFINITY 3D-MAPオプションで大量データ管理

WingNeo3D等の画像

アイサンテクノロジーとオートデスクとのメーカーバンドルにより、従来の三次元設計機能に加え、用地/地籍など大量データ管理を新たな次元に引き上げます。 3D−MAPオプションは、座標・区画情報を基盤地図情報や数値地図2500などに重ね、大規模地図への展開も可能にします。
測量成果の効果的な2次利用の推進を受け、従来、現場という枠で管理していた区画や属性データを、その枠を超えて管理・運用するベースシステムを提供します。

ご提案
1.現場の座標、基盤地図情報や数値地図2500を活用して現地の踏査・選点に利用
2.立会い資料や主題図の作成
3.現場で展開する属性データを検索するGIS的な利用
4.上記環境を利用した設計三次元プレゼンに。さらにはGoogle Earthにパブリッシュしてよリビジュアルに活用できます。

町並み

このページの上部に戻る