本文へ

 

Home » 登記TOP

INFINITY(登記)は新登記業務に最適なプラットフォーム

新登記業務のプラットフォーム

WingNeo INFINITYは登記業務に特化した顔を持ちます。個人や少人数での事務所形態が多い土地家屋調査士事務所様には、INFINITYによって新たにもたらされる“顧客管理”の考え方が力を発揮します。

特長
1.新オンライン申請システムに対応
2.スケジューラによるINFINITYユーザ内の情報共有
3.申請人等をお客様として管理し、報酬額計算、請求書発行、回収管理、宛名作成などに利用
4.WingFan!は登記業務を意識した画面になります

法務省「新オンライン申請システム」に対応 完全連携

法務省「オンライン申請システム」は新システムに全面改訂(平成23年2月14日予定)

利用時間の延長や添付データのサイズ拡張など、よりオンライン申請を利用しやすい環境が整い、新たなオンライン申請時代に突入します。

法務省が提供する手段

「申請用総合ソフト」を利用して申請書作成から一連の申請手続きを行う方法と、Webブラウザから登記事項証明書等を請求をする方法「かんたん証明書請求」があります。

民間ベンダー製ソフトを使用する手段

新システムでは、民間ベンダーが提供するソフトでも一連の申請手続き全てが完結できるようになります。もちろん、WingNeo INFINITYでも可能になります。(Web連携方式)

法務省「申請用総合ソフト」と「WingNeo INFINITY」はどこが違う?

「WingNeo INFINITY」で登記情報を取得し、データとして有効活用

平成23年2月14日以降は、法務省新オンライン申請システム「登記・供託オンライン申請システム」に対応した製品をご利用いただく必要があります。

新オンラインシステムの特徴やQ&A、アイサンテクノロジー各製品の対応については、こちらをご覧ください»

※従前の法務省が提供するシステムをご利用のお客様は申請サイトや申請書作成支援ソフトのデータ等は利用できなくなります。

詳しくは法務省情報サイトをご覧ください。

特長
1.標準でオンライン申請が可能に
オンライン申請書XML作成を標準搭載、法務省新オンライン申請システムへ連携INFINITYの現場情報や土地・建物情報、オンライン取得した登記情報データも活用
2.INFINITYオンラインオプションなら1システムで完結
申請書と添付ファイル管理して署名・送信、到達・受付・補正の通知やお知らせ確認登記完了証など公文書の取得、納付状況の確認まで、INFINITYで全て完結
3.ユーザー目線で業務に役立つ便利機能が盛り沢山
INFINITYならネットワークで事件丸ごと情報共有し、複数マシンから同時に起動可能現場・事件により大量の申請も難なく管理、入力支援で入力の煩わしさやミスからの解放

コンピュータ

このページの上部に戻る