WingEarth 平面図連携

測量・設計業ならではの点群活用術!!

「平行線」連携

CAD連携後、どちらでも平行線の指示が可能に!平行線折れ点はWingEarthでは自動的に3次元化されます!

WingEarthで指示する構成点・平行線折れ点は、Wingneo®INFINITYに3次元結線データとして登録されます!

「等高線」連携

CAD連携後、どちらでも等高線領域指示が可能に!

領域内の点群から等高線を自動作成!
オルソ画像や標高点の無い図面でも点群を利用した等高線が作図できまるようになります!

WingEarth 平面図連携

測量・計測機器の進化で加速度的に利用頻度が増す「3次元点群」のデータ処理と、Wingneo®INFNITYのCAD編集作業をダイレクトに接続し

  • 3次元での地物確認をしながら測量図面の作成をする
  • 測量図面を作ると同時に3次元図形を作成する
  • CADのスナップ機能を活かしながら3次元図形を構成する
  • 測量座標を3次元上でも容易に扱い、3次元ビューと測量を密接に連携する

CADと点群の橋渡しをします!

Wingneo®INFINITYのCADコマンドをWingEarth上でも動かせるようにし、結線の途中でも3次元点群上での地物検索や2次元上でのスピーディーな作成ができるアプリケーション連携オプション

3次元点群ソリューションWingEarth 縦横断連携

WngEarth とWingneo®INFINITY の点群オルソ画像・座標・区画結線・線形・縦横断データの連携により、3次元点群への重ね表示利用や縦横断現況の切り出し、設計データの3次元利用が可能になります!

オンライン申請の加速

調査士報告方式への対応

書類・申請情報に「調査士報告方式」モード搭載!

PDF書き出しツール同梱! 電子署名ツール同梱可能!

登記測量と書類・申請の連携

土地・建物登記図面の作成から登記・供託オンライン申請システムまでを連携

登記情報提供サービスとも連携し、登記情報を利活用

「調査士報告方式」である旨を明示し、委任状、添付書類、調査報告書や図面などをPDF・TIFF(図面)形式にして電子署名したファイルをまとめ、添付してオンライン申請をすることができるようになります。登記識別情報はオンラインのみで提供と受領を行います。
申請情報や登記識別情報の提供はオンラインで行い、書類や図面については署名ファイルの添付送信や登記所への後日持参を使い分ける方式です。登記識別情報はオンラインのみで提供と受領を行います。

紙の添付書類の原本提出を求められないため、申請や補正における登記所との訪問・通信に関するコストを抑えられます!

登記に関係する成果ファイルの管理がよりシンプルになります!

新ソリューションオプション

調査図素図作成ツール

登記所備付地図整備 地籍調査 B 工程 地籍調査 E2 工程

登所備付地図整備や地籍調査における「地図XML」をもとにした調査図素図・調査図作成を支援します。

エリアブロックや座標系が分散した複数の地図XMLを読み込み、移動・縮率位置調整が自在!

位置調整段階では座標・区画を生成しないシミュレーション仕様

登記情報CSVや各種区画情報テキストデータと合わせ、調査図素図の基本情報を即座に準備!

同一所有者の共用記号自動配置や着色図面の作成など自動図面化機能をさらに強化!

位置調整後に座標・筆界の登録
発注時の基本データとして流通する「地図XML」には、ブロックが分散した状態のものや任意座標系で作られたもの、複数のXMLファイルに分割されているものなど様々なケースがあります「調査図素図作成ツール」ではこうした地図XMLであっても、回転・移動・スケール調整による位置合わせを容易に扱うことができ、調整後の整った状態のみを筆界登録できます!
土地の所有者・登記名義人なども連携可能
登記簿情報CSVの読み込みや区画情報のテキストファイル、事務整理中の登記情報を筆界形状と結びつけ、素早く調査図素図の基本データを取りまとめることができます!
専用の自動作図条件
同一所有者を図面上で表す共有記号の自動配置や地目・所有者名などのテキストを一括自動配置する調査図素図専用の自動作図条件を搭載します。また、地目別の着色図面も簡単に行えるようになります。

画地調整支援ツール

地図 地図に準ずる図面 地積測量図

登記所で入手できる地図又は地図に準ずる図面、地積測量図等の資料、形状と記載された辺長、面積をもとに数値的に矛盾がない最適解をシステムが自動算出します。

ラスタ調整ツール搭載
複数のラスタファイルの重ね表示やトリミング機能、補正機能を搭載し、入手資料の展開と調整をサポートします!

面積・座標・辺長再現の各種調整機能搭載
座標点の固定と可動、辺長の固定と可動を図上とリストで視覚的にとらえ、再現による変化量の確認や計算面積の確認をしながら調整できます!

自動調整機能搭載 求積丸め連動
座標・辺長の固定状況を踏まえ、指定面積値に最も近づける自動 調整機能を搭載します!〔座標求積・三斜求積〕

比較計算書 図面登録
再現内容は座標・区画登録することなくファイル保存でき、SIMA ファイルとして出力できます!「CAD図面登録」で筆界の精度管理図面を作成したり、求積の比較計算書が作成できます。

地図の転写や地籍測量図から辺長・面積を考慮した協会の最適解を導く

その他搭載予定コンテンツ

Microsoft®Office®2019対応

システム全体でMicrosoft®Office®2019に対応しました。

電子納品要領 (案) 対応

初期リリース後の更新プログラムの配信にて対応予定

国土交通省 土木設計業務等の電子納品要領 〔平成31年3月〕
農林水産省 設計業務等の電子納品要領(案) 〔平成31年3月〕
農林水産省 測量成果電子納品要領 (案) 〔平成31年4月〕

コマンド起動位置の記憶

CAD 編集中、左上で固定されていたコマンドダイアログの位置を自由に変更可能になります。

CAD 図形/グループ整列

選択した図形やグループを基準にした離れの数値設定が可能な整列ツールを搭載します。

CAD 字体表示

従来、文字の配置や編集の際は、文字領域を四角形で表示していましたが、文字の字体を確認しながら配置・編集できる仕様になります。

CAD 杭写真配置

プロットに関連した杭写真など画像ファイルの配置機能を強化します。現場写真がある座標リストの表示とプロットとの位置関係を確認しながら配置できる機能を追加します。

プロット自動結線強化

CADのプロットマーク自動結線機能では、点名・距離に加え、点属性・杭属性フィルターを参照しての自動結線が可能になります。

建物形状入力支援

建物形状入力にダウンロードした登記情報のラスタを直接背景設定できるようにし、スムーズな形状作成を支援します。

Wingneo®INFINITYへのお問い合わせはこちらから

新規オプションやバージョンアップについて、ご関心のある方は、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

アイサンテクノロジーまで お気軽にお電話ください!

0570-064-457

最寄りの弊社営業所につながります。[平日:9時~12時/13時~18時]

「お問い合わせフォーム」もご用意しております。お気軽にお問い合わせください。