本文へ

Wingneo®INFINITY2020 ウィングネオインフィニティ2020

コンセプトは”自動化”「Automatic function!」

今春、登場!2019年3月リリース予定

ウィングネオインフィニティ2020 Wingneo®INFINITY2020

CADプロット結線自動化

連番で観測してきた場合や、多くのプロットが入り組んだ平面図、地積測量図の狭小部分など、複数のプロット同士を点間距離順や連番順によって自動結線できるようになります。

地積測量図の自動化

測量、登記業務で作成する図面の中でもっとも頻度の高い「地積測量図」の作成作業。INFINITY2020ではこの作業の自動
化に向けた新しい機能が凝縮される予定です。

全ページ方位自動配置

リリースバージョンでは、まず製図作成時に座標系やサイズを考慮した「方位記号」の全ページ配置を予定し、順次 距離文字や表配置関連を加味した地積測量図の自動化を進めます。

基準点観測支援

オプション

国土地理院の基準点情報を地図上に読み込み、新点・節点の設置位置をシミュレーション、基準点計算の基準点登録や観測計画図出力に連携する「基準点観測支援」が登場予定!

基準点同士の角度・距離制限を含めた配点が地図上で視覚的に確認でき、はじめて基準点計算をする方でも安心して業務に入ることが可能となります。

プロフェッショナル・ユーザー様には、計画した路線構成から観測データを自動生成し、
「PocketNeo®Ⅲ」による現場観測と結びついた新しいワークフローを提案します。

基準点観測支援

automatic function!従来の作業をより効率的でかつ快適にご活用いただくために、作業の自動化とより一層のシステム強化を実現。

SIMAファイル入力

複数ファイルのドラッグ&ドロップが可能な一括読み込み機能を搭載。

画像調整やラスタ利用

カラーラスタのモノクロ化や軽量化・ピクセル調整、JPEG圧縮のTIFF読み込み、ラスタ書き込み時のUNDO/REDO対応など

平行線クロソイド対応

クロソイド図形を対象に連続線化した平行線の作図が可能に!

CADマルチビュー

1つの図面を複数ウィンドウに分けて表示、左右や上下で倍率を変えた作業・ページを変えた作業が可能に。

複数図面 まとめてPDF

開いている複数の図面を1つのPDFにまとめて出力可能に。

新元号への対応

「平成」から新元号へ。元号データを持つ各帳票が発表後、自動的に新元号に書き換わるしくみを搭載。

用紙端スナップの登場

用紙4隅へのスナップが可能に。オフセットを併用した枠線や図形作図がより簡単に!

分割地番の残地面積表示

分筆時に利用する「面積分割」の各プログラムのうち、残地番が設定可能なものには「逆算面積」と「残地面積」を参考表示するよう改訂。

PDF埋め込み画像読み込み【拡張PDF読み込み】 リモートヘルプメニュー区画削除&交換&追加・区画色塗り ソート機能の追加 表読取OCR 数値置換の一覧編集機能 フォントごとの半角/英数/全角表示比率設定 フォント種別表示スイッチ 文字列連結の距離範囲指定 独標点:プロット標高との同標高配置 測量基本 SIMA(CSV)入力の既存区画情報残し 線形条件:NO杭番号処理の河川モード対応縦断計画データ(計画折点縦断管・法尻側溝)コピー・貼付対応 地籍調査の肩符表示関連の変換・配置サブアイテム検査メニュー調査前情報:地図情報システム登記簿CSV字名称自動分割機能 ワークビュアと地番シート選択相互連携 調査情報の筆界設定登録 未登録・検索されない地番のリスト表示・地番名検索強化 スキャンショット:座標変換計算書強化 成果ダイレクト電納 測量成果電子納品要領平成30年3月版の追加

筆界特定支援

オプション

古い測量図面からいかに当時の計算根拠をたどり、筆界特定に求められる現地との整合性を図るかは大きな課題です。 新登場の「筆界特定支援」は手書きの三斜求積図からでも筆界形状の再現や辺長の整合性を導き出し、筆界特定において困難をきわめる再現データの作成に専用システムによる1つの答えを提供します。

筆界特定支援

紹介している機能は2019年1月の時点での搭載予定のものであり、予告なく変更する場合があります。

ATM'Sプレミアムへのご加入=バージョンアップ権利

infinity8+ATM'SプレミアムATM'Sプレミアムベーシック

ATMʼSプレミアム(プレミアムもしくはプレミアムベーシック)は、1年更新のソフトウェアメンテナンスサービスです。お客様がご使用のWingneo®関連製品の構成により料金が異なります。
詳しくは弊社および販売代理店の営業担当にお尋ねください。

バージョンアップお問い合わせ/お申し込み

お電話の方0570-064-457 最寄りの弊社営業所につながります。平日9時〜12時/13時〜18時

webによるお問い合わせ

3次元ソリューションにもますます注目

Wing Earth

100億点を超える点群データ(ポイントクラウド)の読み込み、 圧倒的な高速3次元点群処理を搭載。 UAV,TLS(地上レーザースキャナー)やMMS(移動体計測車輌)で 収集した点群データの 目的に適

Wing Neo INFINITY2020

平面図連携

WingEarthとINFINITYが「コマンド通信」可能に!! INFINITYの平面図作成コマンドが3次元点群上でクリックできる!一方での作図をもう一方の作業データに同時作図する「デュアルエディット」で3次元点群を徹底活用可能に!!

Wing Earth連携

WingEarthとINFINITYの基本データ連携 3次元点群に路線・区画結線・座標重ね、縦横断現況の切り出し、オルソ画像出力

3次元点群から平面図を作りたい。3次元で確認しながら作図したい。

トップへ戻る