本文へ

 

Home » lNFINITYとは

Infinityとは

INFINITYは持ち出せるアプリの形が標準に

用途に合わせて変化するインフィニティ

Winged INFINITYは、事務所での作業と現場での作業を1台でこなす工夫を組み込みます。モバイルとして現場に持ち出した際、光波観測やトラバース計算・図化等の現場で欲しかった作業を実現します。これまでの電子野帳や電子平板といった単独アプリで行ってきた作業は、INFINITYライセンスの持ち出しだけで可能となり、現場作業・事務所作業がひとつになります。

lNFINITYをPDAに持ち出せば、・・・。
Pocketツールとして使えます。
さまざまな光波・デジタルレベルとつながります。
モーター駆動の光波では、リモートコントローラが威力を発揮します。

INFINITYはお客様のニーズに応じた作業環境をご提案します。

マルチモニターによる作業性向上

WingNeo INFINITYはマルチモニターに対応します。これまで1画面で行ってきた作業を複モニターに分割することができます。作業エリアを広く使い、2画面に情報を並べ、スピーディな作業環境を実現します。

CAD画面・操作性一新

INFINITYのCADは直感操作に一新します。WingNeoで培ったコマンドの機能を維持しつつ、選択した図形を直感的に操作することが可能になります。文字をヒットしたら文字編集に必要な操作パネルが自動的にオープンし、線図形をつかんだら構成点変更や属性変更に必要な操作パネルが自動的にオープンします。繁忙期のお客様の1秒・1分・1時間を削るために何ができるか?INFINITYはCADを一新してお応えします。

Windows7 64bit版での動作保証

INFINITYでは最新OS環境Windows7 64bitに対応します。現在おもに市販されている最新PCで安心してお使いいただけます。(Windows7では20ユーザの共有ファイル同時アクセスが可能です)。

※ 製品は32bitアプリケーションとして動作します。


基本システム

  • 1.現場に基準点を設置
  • 2.基本システムの観測機能で対回観測
  • 3.路線組み、トラバース計算→「現地で座標化」
  • 4.プロット図化
  • 5.境界点や現況を観測
  • 6.専区画登録・面積計算…の流れを1回で。

縦横断

  • 1.現地で中心線測点や視通杭を設置
  • 2.視通が効かないときは幅杭計算で逃げ杭設置(※線形ライセンス必要)
  • 3.光波やデジタルレベルで横断観測
  • 4.構造物も現地で設定
  • 5.横断形状を現場で確定…の流れを1回で。

このページの上部に戻る