本文へ

 

時代にあった作業環境

WingneoINFINITYは、日々進歩するハードウェア環境やデータニーズを敏感に取り入れ、
社内外での仕事をつなぐ測量CADシステムです。

WingneoINFINITYが作り出す「チームワーク」

ネットワークとコミュニケーション力がチームの事務所の効率を支える!

事務所内でフリー利用が可能な「WingFan!(ウィング・ファン)」

現場内の計算や図面データの確認・出力が事務所内であれば誰でも可能に!CADオペレータ以外でも操作できる簡単設計で、発注機関や関連企業、お客様からのお問い合わせや、外出先からの確認にも最適です。

Wing Fan

複数人で1つの現場データにアクセス・編集可能!

大きな現場の計算作業には、ネットワークを介して複数のオペレータが参加可能。まったく別な作業をしていても、リアルタイムに相互データ更新し、円滑なチーム作業を可能にします。

WingneoINFINITYのリアルタイムネットワーク

複数人で1つの図面を協力編集!

CAD編集作業の多い地形測量の図面編集などでは、開いた図面に編集領域を指定する簡単操作で複数人による図面同時編集を可能にします。

WingneoINFINITYのCAD図面協調編集

WingneoINFINITYで快適かつ強力な作業環境を実現!

ハード面・ソフト面の両面から測量データ処理を支えます!

マルチモニターを使う

WingneoINFINITYでは登場時よりマルチモニターに対応したシステム設計を搭載。小さなコストで大きな効率アップが実現されます。データ処理とCADを2画面に並べ、片方の情報を参照更新したり、CAD作業を2画面に大きくとり、コマンドバーや全体表示バーを作業スペースと分離して利用することも可能です。

さらにVer.2からは、マルチモニター利用を考慮した「CADビュア」を搭載。現在作業している図面を含め、確認用・印刷用・部分コピー用に別ウィンドウで図面を開き、ワイドモニターやマルチモニターにドラッグして利用することができます。

WingneoINFINITYでマルチモニターを使う

直感操作 選択/ダイレクトコマンド

初めてCADにさわる人から熟練者まですばやく直感操作ができるよう独自の工夫を満載しています!土地や路線・縦横断・基準点測量の図形は、計算データができていれば自動図化することができ、細部はクリックで選択した図形や文字をマウスやキーボードなどお好みの操作で編集することができます。選択した図形のCAD属性(レイヤー等)とともに次に予想されるコマンドの候補をリスト表示してきたり、よく使っているコマンドを右クリックからすぐに呼び出すこともできます。

WingneoINFINITYのCADは直感操作

豊富なデータ形式IN/OUTで2次利用も安心

各種CADデータファイルやテキストファイルを業務に応じて効率的に2次利用することができます。また、電子納品をはじめとするデータ授受や納品にも、成果作成工程とのシームレスな連動で対応できます。

WingneoINFINITYは豊富なデータ形式に対応します。

WingneoINFINITYの主な利活用データ

SIMAファイル(座標・区画・結線・線形・縦断・横断) テキスト・CSVファイル
地籍フォーマット2000 街区基準点成果簿フォーマット 電子納品成果フォーマット
クリップボード KMLファイル(GoogleEarth) 電子平板データ
Excel(CAD・計算書) LandXML(AutoCAD Civil-3D) 電子野帳データ(多角・縦横断)
DXFファイル RoadGmXML 電子野帳データ(水準)
DWGファイル DMデータファイル APA-SIMAファイル
SXF(SFC・p21・SAF) 拡張DMデータファイル JSP・SIMA-DMファイル
JW-CADファイル シェープファイル ProWingデータ
BMP・JPG・JPEGファイル 数値地図2500ファイル
(地理情報標準版)
HYPER WINGデータ
TIFFファイル 基盤地図ダウンロード
データファイル
地積測量情報XML
マルチTIFファイル 登記情報提供サービス 日調連様式データ
GeoTIFFファイル PDFファイル 旧製品および他社データ

WingneoINFINITYは電子納品時代のさまざまなデータニーズにこたえます!

計算簿の作成や図面の作成は、電子納品データの取りまとめに連携

最新の納品形態に対応

電子納品要領(案)やCADデータ等の仕様が定められたデータ基準案の変化に対応します。
国土交通省や農林水産省などの発注機関により異なる仕様にも対応できます。

電子納品要領(案)
・国土交通省 土木設計・測量電子納品(  ・H20)
・農林水産省 土木設計・測量電子納品(H17・H23)
・地籍調査電子納品(H17)
・官民境界等先行調査成果電子納品(H19)
・山村境界基本調査成果電子納品(H22 Ver.2・H22 Ver.23-02・H22)
・都市部官民境界基本調査成果電子納品(H22 Ver.2・H22 Ver.23-02・H22)
CAD製図基準(案)
・国土交通省 CAD製図基準(案)機械設備工事編 平成16年3月
・国土交通省 CAD製図基準(案)電気通信設備編 (平成15年7月・平成16年6月)
・国土交通省 CAD製図基準(案)(平成15年7月・平成16年6月・平成20年5月)
・国土交通省 測量成果電子納品要領(案) 平成20年12月(H19)
・国土交通省 道路工事完成図等作成要領(改訂版) 平成20年3月
・国土交通省港湾局CAD図面作成要領(案) 平成15年3月
・水資源開発公団 CAD製図基準(案) 平成13年12月
・日本道路公団 CADによる図面作成要領(案)平成13年10月
・日本道路公団 CADによる図面作成要領(案)施設設計編 平成13年10月
・日本道路公団 調査等業務の電子納品要領(案)図面作成編 平成17年4月
・農林水産省農村振興局 電子化図面データの作成要領(案)
(平成15年4月・平成16年4月・平成17年4月・平成23年3月)

電子納品に特化したデータ作成

拡張DMデータで構成された数値地形図データの作成や、製品仕様書・METAデータの作成、CAD製図基準(案)のさまざまな図面種類に適合した図面の作成、基準点計算・水準計算などの成果ファイル出力など、電子納品に特化したデータ作成を協力なツール群が支えます。

 
拡張DMツール
 用地・路線・基準点の基本データを拡張DMデータに出力できます。属性の編集ツールが搭載され、CADデータとの合成やレイヤー⇒拡張DM属性への変換など、効率的なデータ編集が可能です。
製品仕様書作成とMETAデータ作成の連携
 作業内容の品質をあらわす製品仕様書作成と、METAデータを連携して作成できます。  サンプルデータや過去のデータの使用により該当箇所への適切な入力・編集が可能になります。
CAD製図基準(案)適合図面の効率的作成(特許:     )
 適合図面へのレイヤー一括変換や、レイヤー名に従った図形条件への自動修正、文字自動修正、特許技術の完成図面と作業図面の属性コピー作業など、電子納品で求められる図面作業を効率的に行えます。
道路工事完成図作成支援
 SXFデータに道路関係の属性データをのせた「道路工事完成図」を効率的に作成します。  距離標による図面点検や属性のついていない図面への属性付けなど、専用の編集ツールを多数搭載しています。
基準点計算・水準計算から成果ファイルへの連動
 計算書以外に電子納品が必要となる成果テキストファイルを、計算作業データからダイレクトに作成することができます。「成果登録」機能により、電子納品の該当箇所に自動格納されます。



WingneoINFINITYの新しいご提案 KML出力/3D点群編集

GoogleEarthを使った測量データプレゼン・大量点群を扱う測量への対応

GoogleEarthで測量データを表示

区画データや区画構成座標をKMLファイルに出力できます。KMLファイルをGoogleEarthで開き、GoogleEarthの高度なビューイング、プレゼンテーション上で測量データを見せることができます。お客様との打ち合わせや社内でのデータ管理に新しい環境をもたらすことができます。

3D点群編集ツール

3DレーザースキャンやMMS(モービルマッピングシステム)で収集された3D点群データを展開し、データ合成や調整・穴埋め・切り出しなどの編集が可能になります。 点群は、XYZとカラー、スキャンの情報から構成され、カラー表示や高さ別の表示、変動調査などにそのまま用いることができます。 また、INFINITYのCADに画像として貼り付け、訴求力の高い図面を作成することができます。

このページの上部に戻る